ムダにお金がかかりすぎる趣味ランキング!

管理人
管理人

趣味は人それぞれですが、「え?そんなにお金がかかることが趣味なの?」って思うようなものもありますよね。

 

そして、「そんなにお金がかかっていない」と感じるものでも、長い目で見るとムダにお金がかかっている趣味も存在します。

 

ムダにお金がかかるな~と感じているものを趣味にしている人たちの証言を元にランキングをご紹介。男女別に調べてみました。

ムダにお金がかかりすぎる趣味ランキング~女性編

3位:ギャンブル

ギャンブル…言葉だけ聞くと、男性に多い趣味だと感じます。しかし最近では、多くの女性が結構ギャンブルを趣味としています。パチンコやパチスロ、競馬・競艇などもギャンブルに含まれます。

 

時間に融通の利く主婦やパートなどが多く、20~70代と年代を問わず人気。中には家族で楽しむ人もいます。勝っている時は良いのですが、逆に負けが込むと「次は勝つ」と妙に意気込んでしまい、大損につながることもしばしば。

 

今度こそは…の思いでどんどんお金を使ってしまいます。あまり勝ちにこだわりすぎると危険!趣味を超えてしまいますからほどほどに。

 

2位:エンターティナーにハマる

コンサートや観劇だけにとどまらず、アイドルや声優・舞台俳優などにハマる女性は意外と多いです。

 

コンサートや舞台のチケットだけではなく、グッズやCD・DVDなども購入するため、結構お金がかかります。また、遠征費などもプラスすると、一度のコンサートや観劇のために10~15万円かかる場合も…。

 

ナビゲーター「アザくん」
ナビゲーター「アザくん」

1年に一度のお祭り感覚でツアー遠征を楽しむという方法を実践している人も多く、そのために貯蓄して備えているようです。この方法はおすすめですよね。

 

時間的に余裕がある人が行く傾向にありますので、年齢は20代後半~30代くらいの独身女性に多い趣味と言えるでしょう。

 

参加型のエンターティナーは、応援する芸能人との一体感を味わいながら楽しい時間を過ごせるので充実しています。ハマる人にとっては夢のような数時間となるので、許される限りお金をかけたいのでしょう。

 

日頃の自分の頑張りの糧にしたり、モチベーションアップにすることはとても喜ばしいことです。しかし、ほどほどの距離感を持ったハマりかたをしてくださいね。

 

 

1位:食べ歩きしながらの旅行

女性って、美味しいものを食べるのが好きですよね。管理人も大好きです♪そして、さらに旅行好きな人が多い気がします。はい!まさにわたしのことでしょうか^^;

 

この二つがセットになると、女性にとっては夢のような時間になります。美味しいものを食べて、観光して、景色を楽しんで…と、盛りだくさんな日程をこなします。交通費や宿泊費のほかに食費も結構な割合となりますので、実はお金がかかりすぎる趣味でもあるんですね。

 

非日常的な時間は心に癒しをくれるのですが、旅費もかかります。食べ歩きを兼ねた旅行が好きな女性は、年齢問わず多くいます。

 

近場で1泊2日だと1.5~2万円くらいから楽しむことができますが、宿泊日数をしっかり確保して旅行するとなると安価でも10万円前後かかる場合があります。年に数回行くとしたら、結構な価格になります。

 

また、いつもとは違う環境に心も解放されがち。ついその時の雰囲気で、特に欲しくなかったものなども買ってしまいがちなので、気づいたらムダにお金を使っていた…という状況にもなりやすいようです。

 

ムダにお金がかかりすぎる趣味ランキング~男性編

3位:定番のギャンブル

女性同様、ギャンブルがランクインしました。貯蓄をちまちまするよりも「一攫千金」を狙って夢中になる男性は多いのです。負けても、「もう一回」「もう一回」と繰り返してしまう、中毒性の高い趣味と言えます。

 

職業などの垣根を越えて、たくさんの人がギャンブルに魅力を感じています。ちらも年齢問わず、ついついハマってしまう男性が多いのも特徴です。

 

最初は数百円で開始しても、勝った時の喜びをまた味わいたいがために数万円・数十万円とつぎ込んでしまう人もいます。

 

2位:飲みに行く

女性が食べ歩きが好きだとしたら、男性は飲み歩きでしょうか。仕事のストレス、家庭の悩みなどをお酒にぶつける人が多いようです。

 

働き盛りの20代~50代は、特に仕事帰りに楽しみます。60代以降は、退職している人が多いからか、家で一人ゆっくりと楽しむ場合が多いようです。

 

現在では1000円前後から一人酒できるお店も増え、「ちょっと軽く一杯」という行為も、手軽にできるようになりましたよね。

 

ナビゲーター「アザくん」
ナビゲーター「アザくん」

少ないおこづかいで上手にお酒を飲むお父さんたちがたくさんいますが、クラブやバーなどで、万単位の金額を使ってしまうような人は高収入な人たちですね。

収入と支出のバランスが取れているならまったく問題ない思います。

 

1位:車やバイク

こだわりが強いのが、男性の趣味の特徴とも言えます。特に車やバイクには並々ならぬ思い入れや憧れがある人が多くいます。

 

購入する際にも多額のお金が必要ですが、カスタマイズやメンテナンス・ガソリン代など後々の維持費にも結構お金がかかります。

 

でも、そのお金は全く無駄だとは感じないようでとにかくよく手入れをし、大切にしている人が大多数です。

 

特に既婚者は独身時代と違い、年齢と共にスポーツカーや高級車志向になっていきます。結婚して子育てしている時はファミリーカーに切り替えたしますが、子育てが一段落したり経済的に余裕が出てくると、キャンピングカーなど趣味に特化した車を手に入れたりします。

 

また、カメラなどのメカ類も男性が好む傾向にあります。高額な物を購入してとことん極めるというのが、かっこいい男性のステイタスのようです。

 

まとめ

毎日の仕事や家事の疲れを癒すには、大好きな趣味の時間が何よりのご褒美タイムです。しかし、ギャンブルは知らぬ間にムダにお金がかかり、後々大変な事にもなりかねません。

 

どんな趣味も、計画的に続けていくことがポイントでしょう。お金がかかりすぎる趣味は、いつかは大きな負担となり、継続が難しくなってしまいます。

 

お金のかかる趣味であっても金額的に余裕を持っていれば、重く感じることはありません。何より趣味は自分を生き生きとさせてくれますからね。心の負担にならず、いつまでも続けられる趣味を楽しみましょう。