貯金のために家計簿を上手に使いこなそう!

管理人
管理人

貯金を確実に継続するためには、家計簿をつけ、それを使いこなしましょう。ここでは、家計簿の目的やメリット・種類などについてお話していきます。

家計簿の目的

 

家計簿の目的は、「ただ記録すること」ではないので、記録だけして安心してはいけません。家計簿をつける大きな目的は、「家計を見える化すること」です。

 

毎月の収入や支出は、思ったより多いので、頭の中だけで計算することができませんよね。どんなに頭の良い人でも、記録しておかなければ、すぐに忘れてしまいます。

でも、家計簿をつけていれば、毎月の収入・支出・その内訳は、後々まで記録としてしっかり残ってしまいます。そのため、家計が一見してわかるようになり、すぐに把握することができますよね。

 

また、「家計を記録することで、家計の現状をありのまま知る」ということも、家計簿の目的です。
数字と内訳がそのまま記録されていれば、隠しようがない「家計の現状」を知ることになります。

 

その結果、家計の現状をシビアに知ることができるので、嫌が上にも、直視せざるを得なくなりますよね。少しつらいかもしれませんが、この「直視」こそが、今後の家計をしっかり見直すことに大きく役立つのです。

 

お金の流れを把握する

更に、「我が家のお金の流れを、大まかに知ること」も、家計簿の目的です。家計簿をつけていると、不思議ですが、私たち1人1人の「お金の使い方の癖」が見えてきます。

 

その「癖」が間違っていて、家計を圧迫しているのであれば、改善しなければなりませんよね。家計簿をつけていると、そんな「お金の使い方の癖」までわかるので、家計をより改善しやすくなりますよ。

家計簿をつけるメリット

家計簿をつけるメリットは、何と言っても、「家計をすぐに改善できるようになる」ということです。先ほどもお話したように、家計簿をつけると、「あなたのお金の使い方の正しい点・間違っている点」が正確にわかるようになります。

 

これを直視しなければならないというシビアさは、もちろんあります。でも、自分のお金の使い方の良い点・悪い点を知ることで、家計をより良い方向へと向かわせることができます。

 

私自身も、家計簿をつけて、お金の使い方を反省したところ、お金との向き合い方が180℃変わったことを覚えています。なので、家計簿をつけて家計を「見える化」することで、見えて来るものがたくさんあるということですね。

 

また、家計簿をつけるもう1つのメリットは、「自分の家の資産を正確に把握することができる」という点です。

 

毎月の収入や支出も大切ですが、それ以外の資産を全て把握することも、とても大切です。でも、資産というものはあちこちにあり、しかも、思った以上に多いですよね。これらを頭の中だけで把握しようとすると、大抵失敗することが多いです。

 

でも、家計簿の記録があれば、資産に関してもハッキリと「見える化」されるので、資産を正確に把握することができます。

家計簿の種類(手書き、ソフト)とそのメリットデメリット

家計簿には、

  1. 手書き家計簿
  2. 家計簿ソフト

の2種類があります。

 

手書き家計簿は、文字通り、家計簿専用のノートに、手書きで書きこんでいくものです。一方、家計簿ソフトは、PCやスマホに数字や内訳を入力していくというものです。

 

ここでは、手書き家計簿・家計簿ソフトそれぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

 

手書き家計簿のメリット

 

手書き家計簿のメリットは、「PCなどが苦手な人でも、手軽に始められる」という点です。家計簿専用ノートを1冊買えば、あとは書き込むだけなので、作業がとても簡単なのです。

 

最近の家計簿専用ノートは、書き込みやすい形になっているので、とてもシンプルです。なので、複雑な記録作業が苦手な人でも、敷居の高さを感じることはありません。

 

また、手書きで家計の記録を行うことで、「お金を使った・動かした」という実感がわきやすいのもメリットです。お金を使っている感覚がなくなると、家計は破たんし始めると言われています。

 

ですが、手書き家計簿を使うことで、「お金を使っている・動かしている」という感覚を、自分の意識にしっかり植え付けることができます。

 

手書き家計簿のデメリット

手書き家計簿のデメリットは、「手作業で書き込むので、忙しい時は苦痛」という点です。シンプルな構造とはいえ、記録する際は、電卓を片手に書き込むしかありません。そのための時間を割かなければならないので、忙しい時は苦痛に感じることもあります。

 

また、「家計簿を保管しておく際、どうしても場所を取られてしまう」という点もデメリットです。家計簿は一生つけ続けるものなので、年月が経つにつれて、ノートがどんどん溜まっていきます。

 

その結果、「保管場所に困る」という状態が起きてしまう欠点があるのです。

 

家計簿ソフトのメリット

 

家計簿ソフトのメリットは、「入力がとにかく簡単で、作業がすぐに終わる」という点です。PC版の家計簿ソフトもいいですが、スマホ用の家計簿ソフトは更に簡単です。しかも、家の中だけでなく、外出先でも入力できるので、作業がスムーズに終わります。

 

また、「クレジット決済や電子マネー関連は、自動で反映される」という点もメリットです。最低限必要なことが入力されていれば、クレジット決済や電子マネー関連は、ソフト内に自動反映されます。

 

更に、金融機関の口座にあるお金も自動反映されるので、資産を一気に把握することができます。

家計簿ソフトのデメリット

家計簿ソフトのデメリットは、「ある程度慣れるまでは操作が面倒」という点です。

 

PCやスマホの操作が苦手な人は、最初の段階で捜査につまづくことがあります。そこから努力して慣れなければならないので、その点に気疲れを感じる人はいるでしょう。

 

また、「あまりにも機能が多すぎて、使いこなせない」という点もデメリットです。家計簿ソフトには色々な機能が付いていますが、これが仇になる場合もあります。機能が多く、複雑化しているため、使いこなせない人も多いようです。

 

その結果、家計簿アプリに嫌悪感を感じてしまうこともあるかもしれません。