コツコツ真面目に働いてもラクにならない本当の理由

お久しぶりの投稿となってしまいました。

ありです。

  • あなたは、いま仕事が楽しいですか?
  • それとも、仕事がツライでしょうか?

ツライと感じる人は、いったい何が原因でしょう?

  • 収入が少ない
  • 仕事の内容が好きではないけど収入のために頑張っている
  • 残業が体力がもたない
  • 人間関係でもストレスが溜まる

色々な原因があるかと思います。

頑張ってるのに、ちっともラクにならない」と愚痴をこぼしたくなる時もあるでしょう。

 

その思いから卒業するためには、

  1. 間違った認識を捨て
  2. お金が貯まらない理由を探る
  3. あるだけ使ってしまう心理

これらをしっかり理解することです。

 

理解できると、自分がなぜ働いても働いてもラクにならない本当の理由が見えてくるのです。

あなたは間違った認識をしていませんか?

一生懸命働いていても、間違った認識をしているままでは、いつまでたってもラクになりません。

以下のような考えを持っている人は、今すぐその考えをやめましょう。

  • 能力の高さと収入の高さはイコールではない
  • 努力すれば報われる
  • 自分にはコネや人脈がない
  • 高学歴ではないので出世も難しい

いかがでしょうか?

このようについ考えてしまうことがないでしょうか?

 

まず、仕事の能力が高ければそれに見合った仕事に転職するとか起業するなど、能力に合わせて収入を伸ばす方法はいくらでもあります。

そして、働き方については努力すれば必ず報われるということでもない気がします。

 

条件の悪い中でいくら頑張ったとしても、その努力を認めてもっと良い環境になれるというのは難しいかもしれません。

 

これ以上収入も増えず人間関係もぐちゃぐちゃな状態で耐えるのであれば、次のステップに進んでみたほうが報われることもあります。

自分にぴったりの場所を探す方が、ラクになれますよね。

 

また、コネや人脈が無くても不安になることはありません。

例え今それらが無くても、自分で行動していくことで道が開け、ひょんなことから協力してくれる人が現れることだってあります。

 

学歴が無くても、様々な方法で仕事を成功させているひともたくさんいます。

ナビゲーター「アザくん」
ナビゲーター「アザくん」

最初から自分を「どうせ学歴がないから」「コネもないし」などとネガティブな方向へ持っていかず、

 

「どんなに頑張ってもダメなら次に進んでみよう」などと行動に移していく努力をしてみてください。

働いても働いてもお金が貯まらない理由は?貯まらない人の現状

上記の悪い「思い込み」を手放すことが出来たら、次のステップに進みます。

次は、お金が貯まらない理由を考えていきましょう。

 

頑張って働いているのに、なかなかお金が貯まらない…というあなた。

原因は、働き方をはじめとした「間違った習慣」が原因しているのかも知れません。

 

お金が貯まらない理由を作る習慣をご紹介します。

早速自分の生活を見直してみましょう!

働き方と収入が見合っていない

毎日一生懸命働いていても、収入と見合わないような働き方をしていては、お金は貯まりません。

例えば、

  • 作業量にしては時給が安い
  • 残業が多いけれど、それを加味した上での賃金しか貰えない

などは、なかなかお金を貯めることが出来ないかもしれません。

いくら自分がコツコツ真面目に働いていても働く条件が賃金に見合ってなければお金は貯まりません。

一度、自分の働き方の仕組みなどを見直してみることが必要です。

自分の収入が把握できていない

自分がいったいどのくらい稼いでいて、一か月の最低生活費がどれくらいか、貯蓄に回せるのはどれくらいか、ということを把握していない人は、お金が貯まりずらい傾向にあります。

小さいころに「おこづかい帳」をつけていた人も多いかと思いますが、今からでも家計簿をつけることをオススメします。

確かに面倒臭いのでなかなか実行に移す人はいないかも知れません。

でも、お金をコツコツ貯めている人というのは、毎月収支を計算し、きっちり貯蓄にまわしています。

もし面倒でどうしても無理という場合は、ざっくりでもいいので、

  • 本代〇〇〇円
  • ゲーム代〇〇〇円

というようなメモからでも始めましょう。

習慣が変わると、貯蓄につながることもありますから、ぜひチャレンジしてみてください。

あればあるほど使ってしまう、その心理は?

給料や賞与があると、すぐ使ってしまう人、いますよね?

手元にお金があると、つい気が大きくなってしまい使いたくなる気持ちはわかります。

でも、この癖は一度ついてしまうと抜け出せなくなることも多いので、意外と厄介なんです。

少しでも早くこの癖を手放しましょう。

 

そして、お金があればあるほど使ってしまう…なぜそうなってしまうのかとても気になったので、その心理と原因を調べてみました。

ストレスが大きい

私たちは、日頃の生活で少なからずストレスを受けています。

その量は人によって違いますが、仕事・育児・介護・人間関係など、その原因はあちこちに散らばっています。

 

そのストレスを受けた時、買い物や食事で発散するという人も多いと思います。

そして、「お金を派手に使う」という行為が気持ちよく感じ、パーッと買い物してしまうことも。

 

高額の物などを手にしたときに、「欲しかった物も買えたし、ストレス吹っ飛んだ!」と感じますが、これは一時的に欲求が叶い心身ともに満たされたという気がするだけです。

 

実際は何も解決していないので、日常に戻ればまた仕事や人間関係のストレスは始まります。

ナビゲーター「アザくん」
ナビゲーター「アザくん」

自分が「ストレスが溜まっているな」と感じた時は、派手な買い物をするのではなく、

 

お茶でも飲みながらホッとしたり、ストレッチや質の良い睡眠で心身をリフレッシュさせてあげましょう。

流されやすい性格

  • 周囲から「買っちゃえ!」と言われたらついノリで買い物をしてしまう。
  • 貯蓄しようと思っているのに「今月は頑張ったからご褒美買おう」と決意がすぐ揺らぐ。

上記のようなことは、誰でも経験したことがあるかもですね。

 

私もつい、「これは頑張ったご褒美に」と買い物をしてしまったことがあります。

後になってから「別に急がないものだったから、貯蓄しておけばよかった」と思ったことがありますが、「頑張ったご褒美」に関しては悪いわけではないので、わたし自身おすすめしたい方法です。

 

ここで問うているのは、”貯蓄しようと思っているのに”です。

単なるご褒美なら良いのです。

一旦、「貯蓄」と決めた後に意思が揺らぐ優柔不断なところが、お金が貯まらない原因になり得ると言う例えです。

 

このように、つい決意が揺らいでしまう人は「流されやすい」部分があるのです。

日頃から「決めたことは守ろう」という強い意志が必要になると思います。

 

なので、初めからないと思って定額預金はするのは、このタイプの人にはおすすめかもしれません。

周囲に見栄を張ってしまう

ついついお金を使ってしまう人に心理に「良く思われたい」「自分の方がスゴイというのを見せたい」という見栄を張ってしまう部分があります。

 

そして、自分にお金を使うだけではなく、周囲にもつい気前よくおごってしまうような部分があります。

ナビゲーター「アザくん」
ナビゲーター「アザくん」

自分に金銭的余裕がなくても、ついそのような行動をしてしまう。

 

どうしても、「良く思われたい」という気持ちが先行してしまうようですね。

 

他人の視線はとても気になるもの。

それは誰にでもある感情ですが、しかし、無理をして自分の生活が苦しくなるのは、何か違いますよね。

計画性がないまま使う

例えば何か新しい趣味を始めるとか資格取得をしたいなと思った時。

普通だと

  • それにかかる初期費用
  • 趣味や資格取得の勉強のために費やす時間

などをザッと計算したりしながら計画を練っていきますよね?

それから実行に移していくのが通常の流れではないでしょうか。

 

でも、あればあるだけ使ってしまう人は、「なんとかなる」的な考えで先に行動してしまいます。

その変にポジティブな部分が悪さをし、計画性がないままお金を使うことになるので、注意が必要です。

まとめ

毎日コツコツと仕事をして真面目に働いていてもラクにならない…そんな思いで過ごしている人は多いかもしれません。

今回、ダメな認識や心理などをまとめて、行動を変えるきっかけになればと感じています。

 

自分自身も気を付けなければいけないことが、たくさんあります。

その中で強く思ったのが、『お金や時間に拘束される生き方では幸せになれない』ということ。

 

私たちが過ごす時間は、限りがあります。

その限られた時間を悔いなく過ごすには「充実している」と感じることが大切ですよね。

 

そのためには、「イヤなのに無理して効率の悪い仕事をする」「真面目に働いても認めてもらえない仕事をする」ということは避けましょう。

 

仕事の能力を認められてそれに見合った賃金を頂ければ、「ラクになりたい」「つらい」というようなネガティブな思いは消えます。

お金に関しても苦労がなくなり、楽しい毎日となりますし、働きかたを変えていかなければ、ツライ時間から抜け出せません。

 

今後は働き方も変わりますし、現に今変わりつつあると思います。

 

与えられた時間を大切に過ごせるよう、自分の心の在り方を変えて、ツライ状況から脱出していきましょう!

それはあなたの行動次第ですぐに手に入ります。