生命保険はすべての人が絶対必要ってわけでもない その理由は?

管理人
管理人

生命保険は、全員が加入しておいた方が良いわけではありません。

 

ここでは、生命保険が必要ない人と、なぜ必要ないのかという理由についてお話します。

貯金が十分ある人

 

まず、未婚者・既婚者問わず、貯金が十分にある人は、生命保険に加入する必要はまずないと言えます。理由は単純明快で、「その貯金で、この先十分に生活していくことができるから」です。

 

既婚者

ただ、既婚者の場合、「一応、生命保険には入っておいた方が良いのでは」と心配する人も多いと思います。

 

でも、自分に何かあったとしても、家族全員が生活していけるだけの貯金があれば問題ありません。要は、「自分の死後に、家族が生活していくためのお金」を受け取るのが生命保険です。

 

つまり、扶養しなくてはいけない家族がいて、貯金が十分ではない場合に活用するのが、生命保険なのです。

 

でも自分の死後に、扶養家族の生活費を貯金だけでまかなうことができれば、生命保険に頼る必要などないのです。

 

 

ちなみに、もし自分が大きな病気やケガをした場合は、正直、生命保険は役に立ちません。生命保険に加入しても、そのような事態になった時の治療費・入院費は支払われないからです。

 

そう考えると、大きな病気やケガを心配するなら、生命保険以外の健康保険に加入するか、貯金を増やした方が良さそうですよね。

 

そして、貯金が十分にある人はもちろん、ない人も、未婚であれば生命保険は必要ありません。先ほどお話したように、生命保険は、自分の死後の遺族の生活費を補うためのものです。

 

未婚の人には扶養する家族がいませんから、わざわざ生命保険に入らなくても良いのです。

 

 

ただし、貯金が十分にあっても、未婚であっても、住宅ローンを組んでいる人だけは、生命保険に加入しなくてはならないとされています。

 

健康な若い人

貯金がある・ないに関わらず、健康な若い人も、生命保険に加入する必要はありません。先ほど触れたように、生命保険は、「自分の死後、扶養家族が生活していくためのお金をサポートしてもらう目的のもの」でしたね。

 

なので、死亡リスクが少ない、健康な若い人には、生命保険は不要だと考えて良いでしょう。でも、健康な若い世代の人であっても、既婚者の場合は、夫・妻どちらかが生命保険に加入するケースも多いと聞きます。

 

  • 「貯金が少ない」
  • 「配偶者の収入が少ない」
  • 「配偶者が働いていない」
  • 「子供が多い」
  • 「ローンを組んでいる」

 

という人達は、生命保険に加入するそうです。特に、「配偶者の収入が少ない」もしくは「配偶者が働いていない」という場合は、生命保険に加入しておいた方が安全なのかもしれません。

 

若くて健康であっても、自分自身がいつどこで死亡するかは、全く予想が付きません。なので、「健康な若い人には、生命保険は絶対に必要ない」とは言い切れない部分もあるのです。

 

でも、基本的には、健康な若い人には生命保険は必要ないと考えて大丈夫だと思います。もし扶養家族がいたとしても、若ければ、配偶者が働いて生活していけるようになることは十分可能だからです。

 

なので、健康な若い人に生命保険が必要だとしたら、「扶養家族がいて、尚且つ、自分の死後にその家族の生活が成り立たない」という場合のみかもしれません。

 

支払い終わったあとに亡くなると保証はゼロになる?

さて、生命保険で心配になることの1つに、「支払い終わった後に亡くなると、保証はゼロになるのでは」というものがあります。

 

生命保険は基本的に、「被保険者が亡くなった後、手続きをすれば、遺族にきちんと支払われる」というものです。そのため、支払い終わった後に被保険者が亡くなったとしても、保証がゼロになるということはありません。

 

満期の取り扱い 払い戻し手続き

ただし、支払い終わった後に手続きを行わないと、今までの保証がゼロになってしまうことはあります。

 

保険金を支払い終わる時期を「満期」と呼びますが、満期を迎える頃に、保険の更新手続きを必ず行わなければならないのです。今加入している生命保険をそのまま継続することもありますし、違った保険商品に変更するということもできます。

 

いずれにせよ、保険の担当者同席の元で、詳しい話を聞きながら、落ち着いて行うことをオススメします。生命保険の継続や更新のマニュアルは複雑なので、私たちだけで判断するのが難しいからです。

 

これらの継続や更新手続きを行えば、生命保険が満期を迎えたとしても、保証がゼロになることはないので安心してくださいね。

 

でも、これらの手続きを行わず、保険を放置してしまうと、保証がゼロになることがほとんどのようです。

 

なので、保証をゼロにしないためには、満期の時期をきちんと把握し、この先どうするかを前もって考えておかなければなりません。

 

ちなみに、満期を迎えたことをきっかけに、その生命保険をやめたいという人も多いと思います。この場合、その生命保険を解約することも可能ですが、プランによっては損をする場合もあります。

 

また、加入している生命保険が満期になり、契約・更新手続きもし、その後に被保険者が死亡したとしましょう。この時点で、決められた一定期間の間、コンスタントに保険金を納めていないと、保証がゼロになる場合があります。

 

その生命保険の規約に書かれている指定の期間は、必ずお金を納める必要があるので気をつけてくださいね。