貯金のコツ 短期間でお金を貯めるには人と同じではダメ!

管理人
管理人

貯金をして目標金額を達成するためには、人と同じことをしていてはダメです。そのためには、意識を変え、生活そのものを見直す必要があると思います。

 

そこで、生活や意識を見直し、しっかり貯金をするためのコツについてまとめました。

車・家・服などにこだわらない

 

目標金額まで確実に貯金するためには、「衣」と「住」を見直してみてください。

 

まず注目すべきなのはで、今はマイカーを手放す人が増えています。マイカーを持っていると、どうしても維持費がかさんで、毎月の出費が増えますよね。

 

頻繁に車に乗らなければならない事情がある人は、そのままマイカーを持ち続けていても問題ないと思います。でも、あまり車に乗らないのであれば、思い切って手放すのも1つの方法です。

 

その代わり、レンタカーやカーシェアリングを利用すれば、車に関する出費はぐんと減ります。

 

家に関しては、持ち家にこだわらず、狭い賃貸に住み替えするという人も増えています。持ち家に住むと、住宅ローンの負担もありますし、維持していくのも何かとお金がかかります。

 

でも、狭い賃貸であれば、これらの負担はなくなるので、その分を貯金に回せますよね。

 

に関しては、本気で貯金をするのであれば、流行やブランドにこだわらないようにすることも必要です。

 

ファストファッションを利用するのもいいですし、古くなった服を自分でリメイクすれば、新しい服を買う必要がありません。

 

また、「あえて上質な服を何枚か揃えておき、それを何年も着回しする」という方法も、意外と節約になります。

シンプルに生きる

貯金を本気でするのであれば、無駄のないシンプルな生き方に変えることも必要です。見るもの見るもの欲しくなって手を出せば、その分、お金がかかります。

 

でも、持ち物は必要最低限にし、1つ1つの物を長く使い続けるとどうなるでしょうか。新しい物を買う必要がなくなり、無駄な出費は大幅に減っていきます。

 

私たちは、自分で考えている以上に、ついつい無駄な買い物をしてしまいがちです。この「無意識的な無駄」を意識的に減らすだけで、貯金に回せるお金は増えていきますよ。

 

貯金を始めるなら、まずはシンプルに生きることからチャレンジしてみてください。

500円玉貯金って意外と貯まりやすい!?

これは私自身もやっている方法ですが、500円玉貯金は意外と貯まりやすいのでオススメですよ。「500円玉が手に入ったら、使わずにそのまま貯金する」というシンプルな方法です。

 

これを、500円玉が手に入るたびに行い、試しに1年続けてみてください。1年間500円貯金を続けると、10万円くらいは簡単に貯めることができますよ。

 

ナビゲーター「アザくん」
ナビゲーター「アザくん」

ちなみに、10万円は500円玉20枚分なので、1年かけるつもりであれば、プレッシャーなく貯められそうですよね。

 

なぜあえて500円玉なのかと言うと、多すぎず少なすぎない金額だからです。いきなりお札を貯金するとなると、ちょっと敷居が高く感じますよね。逆に、50円玉・100円玉などだと、少なすぎて、一向に貯まらずイライラすると思います。

 

その点、500円玉は金額がちょうど良いので、ストレスなく続けることができますよ。

節約テクニック

さて、貯金のためには、毎日の生活の中でも、上手に節約することも大切ですね。まずは、毎日欠かせない食費の節約から行っていきましょう。

 

月の初めに食費の金額を具体的に決めてしまい、その範囲の中だけでやりくりしてみてください。1か月単位だと長すぎる場合は、週単位で食費を決めてもOKですよ。決めた金額を超えないように食費を節約すれば、無駄に使っていた分を貯金に回せますね。

 

また、物を買う時は、必ずひと呼吸置く習慣を付けることも、節約テクニックの1つです。なぜかと言うと、「欲しい」と思っている時は、心が興奮しているので、つい無意識に買ってしまいますよね。

 

でも、ひと呼吸置き、「これは本当に必要な物だろうか」と自問自答してみてください。物を買う前にこれを必ず行うと、無駄な買い物が激減しますよ。

断捨離テクニック

目標金額までの貯金を達成するためには、断捨離テクニックも上手に使ってみましょう。家の中の不要な物を売ってお金に換え、断捨離と臨時収入を両方実現させるということです。

 

特に売れそうな物は、状態の良い洋服・家具・おもちゃなどです。今は、ネットオークションで物を売るのが一般的になってきたので、ただ捨ててしまわずに、必要としてくれる人に売りましょう。

 

そうすれば、家の中から無駄な物がなくなる上に、貯金に回せる臨時収入も確保できるようになりますよ。

 

ただし、納得する金額で売るためには、売る物の状態が良いことが条件です。なので、日頃から物を大切に保存し、いつ売りに出しても良いようにしておくこともテクニックの1つです。

帰宅後の3時間を有効活用

貯金をしっかりするのであれば、帰宅後の3時間の間に、お金と向き合う時間を作ってください。ただ何となく貯金をしているだけでは、途中で中だるみ期間が出てくるからです。

 

なので、「この時間だけはお金としっかり向き合う時間」と時間を決め、毎日お金に向き合ってみましょう。

この時間に、家計簿を付けたり見直したり、貯金残高も確認してみてください。

 

このように、毎日数字と向き合っていると、自分のお金の使い方のクセもわかってきます。自分のお金の使い方について、前向きな反省を毎日すれば、貯金をしやすくなっていきますよ。